実は逆効果?間違った美容法にご注意を!その2

 

こんにちは、スタッフの本間です。

 

前回ご紹介した、実は逆効果になっているかもしれない間違った美容法。

今回はその第二弾になります。

 

⇒前回のブログはコチラ

 

 

まず一つ目は、

 

・コラーゲンを食べるとお肌プルプルになる??

 

 コラーゲンボールや、コラーゲン入りのドリンク、ゼリーなどコラーゲンと名のつくものはたくさんありますね。

 

そういった商品や、牛すじ、鶏皮、手羽先などが入ったお鍋を食べて翌日お肌がぷるぷるに…なんて思っている方は少なくないのでは?

 

特に女性の皆さんは「コラーゲン入り」という言葉自体になにか魔力のような引力のようなものを感じてしまう方もいらっしゃると思います。

 

…はい、私もその一人です。

 

ですが、果たしてコラーゲン〇〇を食べると本当にお肌がぷるぷるになるのでしょうか?

 

実は逆効果間違った美容法にご注意その二女医高橋栄里ブログ

 

…これは残念ながら誤解です。

 

そもそもコラーゲンというのはタンパク質の一種で、食事で摂取したコラーゲンは「消化・吸収」されます。

タンパク質は消化の過程でアミノ酸などに分解されます。

 

つまりコラーゲンそのものとして吸収しお肌を構成するというわけではないんですね。

 

吸収されたアミノ酸は体内でコラーゲンの再合成に利用はされますが、顔の皮膚や関節など、効果を期待する特定の部位で働くよう人為的に操作することはできません。

 

コラーゲンを摂取すること自体は体にとって大切なことですが、お肌がぷるぷるになると期待しすぎることで、偏った食事にならないようご注意ください。

 

 

続いて二つ目は、

 

・お顔のマッサージがかえってたるみの原因に?

 

これはマッサージをすること自体がいけないというわけではないのですが、やり方次第では逆効果になってしまう恐れがあるのです。

 

美容のためにとお顔のマッサージを行っている方はご注意を。

間違ったマッサージ法は逆にシワやたるみの原因になることがあります。

 

最近では、美顔ローラーなど自宅でも手軽にマッサージができるグッズがたくさんでていますよね。

 

そういった物を購入したりプレゼントなどでいただいたりした時ってつい張り切って使用してしまいがちですが、過度に負担をかけることは当然お肌に良くありません。

 

マッサージグッズはその特性上、力が加わりやすいように作られているため、過剰にマッサージをしたり、筋繊維を無視してぐいぐいマッサージをすると、逆効果になってしまいやすいのです。

 

商品の取扱説明書などをよく読み、適切に使用することが大切です。

「自己流」のマッサージをされている方は気を付け下さいね。

 

 

さて、いかがでしたでしょうか?

 

今や女性だけではなく、男性の多くが気にしている肌ケアですが、間違った情報で逆効果にならないよう、しっかり注意していきたいですね。

 

 

東京・神田 AGA毛髪専門 

Dr.e CLINIC(ドクターイークリニック)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

仕事依頼 インスタグラム ツイッター skincare citrus