医師がお勧めする効果的な脇汗対策

 

こんにちは。皮膚科医の髙橋栄里です。

 

各地で梅雨入りとなり、ジメジメと蒸し暑い嫌な季節になりましたね。

 

この季節に気になるのが脇の汗。

 

効果的な脇汗対策女医高橋栄里ブログ

 

ベタベタと不快ですし、嫌な臭いの元にもなってしまいます。

 

また、服の脇の部分に汗染みができると他の人の視線がも気になってしまいますよね。

 

先日のブログで汗と臭いのメカニズムについてのお話をしましたが、今回は脇汗でお悩みの皆様に、私がお勧めする脇汗対策治療のご紹介です。

 

まず、手軽にできる対策としては市販されている制汗スプレーやクリームなどを使用するといった方法がありますね。

しかしこれは手軽に行える反面、マメに塗りなおさなくてはいけなかったり、汗を多くかきやすい人の場合はあまり効果的ではなかったりといったことも…

 

 

そんな中、私がお勧めする治療法はズバリ、「脇ボトックス」

 

 

皮膚科では既に多汗症の治療方の一つとして浸透している脇汗ボトックスですが、これは脇の皮内にボトックスを注射することで、発汗を促す神経物質をブロックして汗を抑えるという施術です。

 

脇に注射!?というと、びっくりする方も多いかもしれませんが、麻酔クリームをしっかりと効かせてから注入するので、痛くて耐えられない!なんてことはありません。

 

効果は1週間ほどで実感でき、その快適さに驚くと思います。

 

持続期間は多少個人差もありますが、適切な量のボトックスを用いることで約半年間。

 

つまり春~夏の終わりまで、汗が特に気になるシーズンを快適に過ごせることになります。

 

この治療は最近ではTシャツやワイシャツの色を気にしなくていい、スーツで脇の汚れを気にしなくていいから、という理由から男性の間でも好評です。

 

実は私も毎年5月ごろになると脇汗ボトックスを打っているんですよ。

 

汗ジミ予防だけでなく、汗による嫌な臭いを防ぐことにもなりますし、あのジメジメっとした脇の感覚がさらっとするので非常にお勧めです。

 

脇汗にお悩みの方はぜひ専門医までご相談ください。

 

 

 

 

アーカイブ

仕事依頼 インスタグラム ツイッター skincare citrus