年末のイベント前にお悩み解消! STORY祝15周年 12月号掲載

 

☆光文社より11月1日発行の女性誌 STORY 12月号に掲載されました。

 

 

みなさんこんにちは。医師の高橋栄里(たかはしえり)です。

 

今日から11月、いよいよ2017年も残すところあと2ヵ月となりましたね。季節の変わり目らしく寒暖差が大きい日もあり、油断すると体調を崩してしまいがちですが、みなさまはお変わりなくお過ごしでしょうか。

 

私はと言いますと、暑い季節が大好きな反面、寒さにはめっぽう弱いということもあり、この時期の体調管理には特に人一倍気をつけるようにしています。

 

 

患者様を笑顔にするためには、なにより先ず私自身が元気でなくてはいけません。そのためには、よく食べ、しっかりと睡眠をとり、適度な運動を心がけ、そしてまた食べる。さらに食べ…あれ?

 

 

いえいえ、診療が忙しいと昼食を食べそびれてしまうなんてことも珍しくありませんから、食べられるときにたくさん食べておくのも私にとっては健康法なのです!(※真似しないでくださいね)

 

 

さてさて、年末と言えばお仕事もさることながら、忘年会などの飲み会や女子会、クリスマスパーティなどのイベントへのお誘いも増え、何かと忙しくなる時期ですよね。

 

 

今回、そんな忙しい年末にうってつけのストーリィ12月号の特集記事「イベント前に解決!駆け込みメンテサロン」企画に、私が院長を務めます美容皮膚科、銀座ロイヤルビューティークリニックが掲載されました。

 

こちらの特集記事は、年末に控えるさまざまなイベントに備えて「シワを消したい」「疲れを取りたい」「たるみを引き上げたい」「歯を白くしたい」などなどのお悩みを「3万円以下で」解決に導く、そんな施術が行えるクリニックや美容室などの施設をご紹介するという内容となっています。

 

 

ここで突然ですが、皆様は「ダウンタイム」という言葉を耳にしたことがありますでしょうか。

 

ダウンタイムとは、美容医療の場合、行う施術によっては患部に腫れや赤み、むくみといった症状を伴う場合があり、これらが落ち着くまでの期間の事を指したものです。

 

 

これが何を意味するかと言いますと、例えば「クリスマスパーティに向けて気になるシミを解消したい」とご希望の患者様の場合、クリスマスパーティまでにベストなお肌を間に合わせるには、このダウンタイムも考慮しておかなくてはいけないというわけなんですね。

 

その点、今回の企画がすごいのは、このダウンタイムや効果が実感できるまでをも考慮して、1カ月前・1週間前・3日前・前日・当日…と期間ごとに分けて紹介がされているところ。

 

中には「数時間前」なんて項目まであり、まさに駆け込みメンテナンスという企画名通りの内容になっていると、思わず感心してしまいました。

 

 

私のクリニックはこの中の「一週間前」「免疫力アップ・疲れにくくなる」という項目で掲載されています。

 

詳しくはSTORY 創刊15周年記念号 12月号をぜひご覧ください。

 

以前ご一緒させていただいたこともある、イナトモこと稲沢朋子さんの表紙が目印です。

 

 

 

 

 

アーカイブ

仕事依頼 インスタグラム ツイッター skincare citrus