えり先生のゼオスキンへの想い

えり先生 @dr.eri_takahashi_official の
ゼオスキンへの想いがつまっています✨

現在イークリニックでは初診の方でも
ゼオスキンのLINEカウンセリングを
行っております!

まずは公式LINEアカウントより
お問い合わせくださいませ🙇💕

#イークリ式ゼオスキン#カスタマイズゼオスキン .
.
.
@dr.eri_takahashi_official
☆待望のゼオスキンヘルスを導入

今、新しいコスメを試してみよう!と思い立つ人が多いんだとか。

外出自粛している多くの方が、おうち時間をいかに有効に使うか?
今までできなかったことをトライしてみようと考える人が増えてきたんでしょうね

私も新たにホームケアコスメを導入。

@zoskinhealth

実はこれまで、ゼオスキンヘルスは皮向けコスメの代表的なイメージが強くて、使い方次第でとても良いと分かってはいるものの、試すには時期を選ぶし(自分で試さないと納得しない)、

しかもダウンタイムのあるクリニックでの施術を合間合間にやっていたので、いざ導入するまでは中々進まずにいました。

今時期は直に会うような取材も撮影もなく診療のみなので、ずっと取り入れたかったゼオスキンを勉強してトライしているうちに、これは日常に上手に取り入れたら治療の一環になる!!と確信。

ゼオスキンヘルスの最終目的は、自ら潤う健康的な素肌づくり。
スキンケアの順番にPHバランスも考えられていたり、肌を少しずつ丈夫にし、細胞レベルで自らの保湿力を高めていきます。

ゼオスキンヘルスの代表的な成分の一つに「レチノール」がありますが、レチノールには、ピュアレチノール、パルミチン酸レチノール、オルオソーム化レチノール、マイクロエマルジョン化レチノールなど、実は様々な種類があります。

簡単に説明すると、皮向けが起きにくい型から起きやすい型まであって、その中でもマイルドなものからハードなものまであるんですね。

ゼオスキンヘルスの魅力的なところは、その使い分けが何通りもできること。

中にはアグレッシブな反応をさせるものもあり、効果がある分、医師の指導のうえ短期集中して使用するものもあったりと、ものによっては使い方が難しいメーカーイメージがあるのかもしれませんね。

確かに、肌を本格的に綺麗に変化させるには、ハードなものも取り入れたほうが結果として目的に到達できる場合もありますから一概には言えないのですが、

イークリニックに相談される患者様は、「皮向けしないギリギリのところでコントロールしていきたい。ダウンタイムは抑えながら綺麗な肌に変えていきたい」という患者様が圧倒的に多く、ゼオスキンでそこを極めた使い方をアドバイスできれば、もっとハードルが下がる方もいるのでは?と考えています。

私が警告を鳴らすのは、
やりすぎてキメがなくなってしまったシャイニー肌。
目指すは、キメが保たれている整ったフォギー肌。

王道の使い方から、今あるお手持ちのアイテムに取り入れたり、日常使いにすぐできるゼオスキンの使用法まで少しずつアップしていきますね。

ご相談窓口は
@eclinicazabu まで


#zoskin#zoskinhealth#ゼオスキン#ゼオスキンヘルス#シーセラム#デイリーPD#ミラミン#ハイドロキノン#レチノール#レチノイン酸#シミ#くすみ#美白#毛穴ケア#肝斑#サリチル酸#ピーリング#ホームピーリング#イークリニック麻布#イークリニック#eclinicazabu#eclinic#美容クリニック#stayhome#おこもり美容#麻布十番#女医stagram

関連記事