1月限定価格【APP+Eリッチローション】

お問合せ殺到頂いております!

イークリニックの
APP+Eリッチローションについてご紹介致します。

使用してから肌の調子がよくなる方続出!

是非一度お試しくださいませ🙇‍♀️



@dr.eri_takahashi_official 
☆当院オリジナルコスメ・高浸透型ビタミンCローション

「Dr.E APP➕Eリッチローション」

ビタミンC(L-アスコルビン酸)は、活性酸素の除去、ニキビの色素沈着の防止・メラニン色素抑制など美肌や美白に欠かせない成分。ですが、安定性は低く、空気に触れると酸化しやすい、水に溶かすと活性を失いやすい、そもそもビタミンC自体が肌への吸収がされにくいという性質をもっています。そのため美肌効果を得るためには、いかに皮膚内に届けて活性化できるか?が問題となります。
そんなビタミンCの弱点を改良し、ビタミンC本来の特性を生かせる状態に改良したものがビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導体は、角質層への透過を良くし、肌に吸収されてから酵素反応によってビタミンCに変化し、長時間活性を持続する作用があります。 

ビタミンC誘導体には大きく分けて、水溶性ビタミンC誘導体、脂溶性ビタミンC誘導体、新型のビタミンC誘導体があり、それぞれに特徴があり正しく使うことがポイントとなります。 

「水溶性ビタミンC誘導体」には「リン酸アスコルビルナトリウム」(APS)と「リン酸アスコルビルマグネシウム」(APM)等があります。特徴は即効性。もともと壊れやすいビタミンCをリン酸と結合させることにより皮膚への吸収率を高めて効果を持続させたもので、化粧水や美容液などローションタイプの化粧品に配合されます。
メラニンの生成をおさえながら新陳代謝をアップ、メラニンの排出を助け、色素沈着の改善を促し、さらに皮脂分泌の抑制作用もあるので、オイリー肌・にきび肌にも使いやすいのですが、乾燥しやすい面もあり、特に乾燥肌、敏感肌、乾燥によるニキビ肌、炎症のある肌の方は使用に際して注意が必要です。

 「脂溶性ビタミンC誘導体」は、「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル」(VCIP)、「パルミチン酸アスコルビル」があります。水溶性であるビタミンCに油分を結合させて油に溶けやすい(オイルに馴染みやすい)性質にすることでエマルション状態が可能となり、クリームやジェルタイプの化粧品に使用されています。
特徴は、高い濃度でも肌への刺激が少なく真皮まで浸透するため、細胞を活性化させて新陳代謝を促進、メラニンの生成を抑制し排出を助け、抗炎症効果も。特に敏感肌・乾燥肌の方や、大人のトラブル肌や赤ら顔にも適応ですが、ニキビ肌にはあまりむいていません。水溶性に比べるとあまり即効性はありませんが、安定性に優れ、効果の持続性が期待できます。皮脂膜や角質層への吸収率も高く、保湿力も高いため肌を乾燥から守る効果もあるのが特徴です。こちらのお取り扱いもあるので後日さらに詳しくお話ししますね。

そして、進化型ビタミンC誘導体・APPSとも呼ばれている「新型ビタミンC誘導体」は、安定したビタミンC誘導体として定番のリン酸型ビタミンC誘導体を、さらに機能性の高いビタミンCを目指して開発されたもの。リン酸型ビタミンC誘導体にパルミチン酸を付加し親油性を獲得した一番新しいビタミンC誘導体です。
脂質にも水分にも良くなじみ角質層への浸透力にも優れ、その浸透力は水溶性ビタミンC誘導体の100倍とも言われているほど。従来のリン酸型ビタミンC誘導体では、イオン導入をしないと真皮まで十分にビタミンCを届けることができませんが、APPSでは外用塗布のみで真皮まで到達させることに成功。真皮まで入るという事実は、真皮でのケアが重要なシミやシワ、ハリに対する直接的なアプローチが可能になるということ。
水溶性ビタミンC誘導体の特徴「即効性」と、脂溶性ビタミンC誘導体の特徴「真皮への浸透力」をあわせ持ち、更に、肌への刺激や乾燥の心配もないのがポイント。
つまり、保湿力を高めて皮脂分泌を抑制、メラニン生成の抑制と排出、コラーゲンの合成を促進、そして「活性酸素」の発生を抑え、皮膚の抗酸化作用を高めるため、美肌が期待できるというわけです。
当院オリジナルコスメ「Dr.E APP➕Eリッチローション」は、新型(高浸透型)ビタミンCにビタミンEも加え、よりアンチエイジング効果を高めました✨

通常価格6,000円(税抜き)のところ
本当にいいものをより多くの方にお試しいただきたいので、
1/31まで限定で30ml 3,000円(税抜) でご案内しています。
2/1からは通常価格となりますため、あらかじめご了承ください。

関連記事