白髪についてのインタビューがSTORY9月号に掲載されました

現在発売中のSTORY9月号(8月1日発行)では、進化している白髪染めケア事情が掲載されています。白髪ってなぜできてしまうのか?多くの方が悩むこの疑問に、イークリニック麻布の高橋栄里院長が新しい髪の毛に黒く色がつくメカニズムに基づいて解説しています。

これまで髪のお悩みを持つ患者様を数多く診察してこられた高橋栄里院長のもとには、深い悩みからライト悩みまで数多くの質問・疑問が寄せられています。その中でも「2週間くらいたつと、根本から生えてきた白髪が気になります。かといってそんなに頻繁に美容院には行けない。。。そんなときの簡単なホームケアアイテムや、リタッチ方法が知りたいんです」というご質問は多くの方から寄せられます。

ひと昔前は、白髪染めといったら真っ黒・・・という感じで、おしゃれに敏感なエイジング世代の方々のニーズにはマッチしないカラーバリエーションなことが多かったのですが、いまはバリエーションが豊富でファッショナブルに楽しめるようになってきました。ホーム用もさることながら、サロンでの白髪染めもどんどん進化しています。ホーム用とサロン用を上手く使い分けていくことがエイジングを感じさえない豊かなヘアーを保つのには必須ですと高橋栄里院長はおっしゃっておられます。

また、夏の時期は紫外線の影響でカラーリングも変化が起きやすいのも特徴です。紫外線対策としてトリートメントなどをするだけでも退色具合が違ってきます。

このように、抜け毛の問題だけでなく、日頃の美髪ケアについても高橋院長は専門家ですので、ご興味がある方はぜひSTORY9月号をお読みになってくださいね!

 

関連記事