麻布十番の美容皮膚科
イーメディカルクリニック麻布

Reservationご予約 お問い合わせ

03-6722-6222
診療時間 9:00〜18:00 休診日:日曜

ご予約は、LINE公式アカウント、メールフォーム、もしくはお電話でお待ちしております。
お問い合わせにつきましては、メールフォームからご連絡ください。
当日のキャンセル等につきましては、お電話でご連絡いただけますようよろしくお願いいたします。

【みんながハマるって何⁉️クリニックでのオススメの使い方もご紹介】⁠ ⁡⁠

日本でも少しずつ認知され始めた“CBD“⁠
近年、メンタルヘルスへの意識が高まったことにより⁠
CBD製品を目にする機会も増えたのではないでしょうか❓⁠
⁡⁠
日本でCBD製品が注目され始めたのは2021年頃。⁠
以降、当院ではご愛用者も多く⁠
人気の商品のひとつです。⁠
⁡⁠
⁡⁠
■CBDとは?⁠
カンナビジオールという大麻の種子や茎から⁠
抽出される成分です。⁠
麻から得られる物質である為違法なものではないかと⁠
心配される方もいらっしゃいますが⁠
麻には、主に2種類の成分があります。⁠
⁡⁠
1THC = 依存性がある⁠
2CBD = 依存性はない⁠
⁡⁠
2のCBDは、⁠
カラダの細胞に本来備わっている身体調整機能⁠
ECS(エンド・カンナビノイド・システム)を⁠
サポートすることで、心身の様々な不調を⁠
根本から整えてくれる効果が期待できます。⁠
⁡⁠
1のTHC(いわゆる大麻)のように⁠
精神状態がハイになる作用やはありません。⁠
⁡⁠
海外ではてんかんや⁠
不眠症の症状の緩和に使用されるケースもあり⁠
その他、癌やうつ病などをはじめとする疾患や、美容・健康にも効果があるとして⁠
250以上の疾患に対するCBDの効果が⁠
いま世界中で研究されています。 ⁠
⁡⁠
CBDについては、WHOも安全性を認めており、⁠
当院で取り扱うベイプ(吸引タイプ)以外にも⁠
飲むオイル、ボディクリーム、フェムケア、食品など⁠
市場では様々なCBD製品が販売されています。⁠
⁡⁠
アメリカにおいては、⁠
スーパーのレジ横にもCBD製品が並び⁠
コーヒーショップではCBDオイルを垂らす⁠
オプションメニューなどもあり⁠
日本よりも身近になってきているようです。⁠
⁡⁠
■\医療機関専売品/CBDベイプとは?⁠
熱で気化させた蒸気を吸い込むことで⁠
CBDを取り入れられるリラックスアイテムです♩⁠
⁡⁠
ベイプ(吸引タイプ)は、⁠
粘膜や肺の毛細血管に入ることで⁠
素早く血中まで届けられ即効性が期待できます。⁠
また、他製品タイプと比較し⁠
吸収率が高いのも特徴のひとつです。⁠
⁡⁠
\こんな時にオススメ/⁠
リラックスしたい時⁠
集中力を高めたいとき⁠
ストレスが溜まっている時⁠
気持ちを切り替えたい時⁠
睡眠改善⁠
⁡⁠
はじめての使用は、⁠
1回3~5回の吸引から推奨で、⁠
吸引量によっても異なりますが⁠
効果の持続期間は2~4時間とされています。⁠
⁡⁠
\CBDの効果は吸引量によっても変わる/⁠
⁡⁠
たくさん接種することで、⁠
セロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質に関与して⁠
自律神経を整えリラックスさせる効果が期待できます。⁠
また、セロトニンが健全に働くことで⁠
夜はメラトニンといって⁠
眠りをサポートする物質に変換され⁠
まったり安眠を促す効果が期待できます。⁠
⁡⁠
逆に、少ない摂取量の場合、⁠
血行が良くなり、頭がさえるなどの効果が⁠
期待できるそうです。⁠
⁡⁠
単純に高濃度であればよいのではなく、⁠
目的に合わせた使い方ができるとよさそうですね。⁠
⁡⁠
■クリニックでのおすすめの使い方は?⁠
即効性があり、気分の切り替えを素早くできる⁠
という点から治療内容によって⁠
その前後でご使用いただくことをお勧めしています。⁠
⁡⁠
例えば、お痛みのある治療前、少し緊張しますよね⚡︎⁠
緊張して体が強張っている状態だと⁠
余計に内出血や腫れなどが出やすくなります。⁠
そんな時に、少しでもリラックスしていただく為に⁠
CBDをお勧めしています。⁠
⁡⁠
また、ダウンタイムのある施術後、⁠
分かっていてもダウンタイム期間中は⁠
気分が落ち込みがち。⁠
そんな時にもCBDベイプが活躍してくれます。⁠
⁡⁠
日々慌ただしく過ごす日常を⁠
心地よく過ごすためのリラックスアイテムとして⁠
取り入れてみては如何でしょうか?⁠

⁡⁠
◆グリーンシトラス30%⁠
400回分/¥3,800(税込)⁠
⁡⁠
◆ルイ13世45%⁠
400回分/¥4,580(税込)⁠

CBD
CBDとは
CBDの安全性
CBDの効果
取り扱いCBD
CBD使用方法

関連記事

最近の記事

  1. 【ナチュラルリップ!スタッフ体験レポ!】

  2. 医療ハイフのデメリットや副作用は?失敗しないための対策も紹介

  3. 医療ハイフとエステハイフの違いは?エステサロンのハイフが禁止されて…

  4. ハイフをすると将来たるむ?やめた方がいい人とやった方がいい人の特徴…