麻布十番の美容皮膚科
イーメディカルクリニック麻布

Reservationご予約 お問い合わせ

03-6722-6222
診療時間 9:30〜18:30 休診日:日曜

ご予約は、LINE公式アカウント、メールフォーム、もしくはお電話でお待ちしております。
お問い合わせにつきましては、メールフォームからご連絡ください。
当日のキャンセル等につきましては、お電話でご連絡いただけますようよろしくお願いいたします。

知っておきたい!若さを維持するために避けたい食べ物。

こんにちは。高橋栄里です。

先日のブログで、若さを維持するために摂取したい食べ物ベスト3をご紹介しましたが、今回は、若さを維持するために避けたい食べ物3選をご紹介したいと思います!

皆さんは脂っこいものはお好きでしょうか?ファーストフードなどをよく食べますか?…実は私は大好きなんです。

忙しいときやちょっと小腹が空いた時などによくお世話になっています。高温で焼いたり揚げたりして脂をを閉じ込める料理は食欲をそそるんですよねー。ただ、そのなかには老化物質であるAGEがたっぷり入っています。AGEとは、老化の原因物質のこと言います。

もし、頻繁に脂っこい食べ物を食べているならば、アンチエイジングのために食生活を見直した方がいいかもしれません。体内に溜め込むと肌の弾力が失われたり、シミやくすみができやすくなったりといった見た目への悪影響があります。

AGEが多く含まれる食べ物を紹介しますので、エイジングケアがなかなかうまくいっていない方は、食生活を見直してみるのもオススメです。

AGEが高い食べ物:カリカリに焼いたベーコン

水分を飛ばして高温でカリカリに焼くベーコンには、AGEがたっぷり含まれています。香ばしくて凄く美味しいですが、大量に食べるのは禁物ですね。

AGEが高い食べ物:ポテトチップス

ご存知の通り、糖質が多く、高カロリー。砂糖を多く含む清涼飲料水と一緒に摂ると、体内でAGEを作るスピードがさらに加速してしまうとのこと。コーラとポテトチップスの組み合わせ、私大好きだったんですけど、要注意ですね。

AGEが高い食べ物:ファストフード

肉汁したたるハンバーガー、こんがり揚がったチキンやフライドポテトにもAGEが多量に含まれています。冒頭にも書いた通り私の好物なのですが、アンチエイジングの観点からは良いとは言えないようです…。

ファーストフード中心の食生活の方は要注意ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回のお話は、あくまでも老化を促進させないために避けたい食べ物なので、絶対に食べてはいけないなどというわけではありません。

大切なのは栄養バランスのとれた食事ですので、体に良いと言われている食べ物もそればかりを食べ続けていたら健康を害してしまう可能性もあります。

食事は栄養バランスを考えつつ美味しく楽しく、そして足りない栄養素はサプリメントなども上手に活用しながら健康と若さを保ちましょう。

関連コラム

最近の記事

  1. 医療ハイフの施術間隔と頻度は?効果を高めるためのポイント

  2. ハイフとボトックスの施術間隔と最適な順番は?同時施術のメリットも解…

  3. ハイフとサーマクールの違いを徹底比較

  4. 【肌育治療第三弾、ジュベルックがバージョンアップ】