女医が実践する、第一印象アップの方法

こんにちは。美容と髪のエイジングケアドクター高橋栄里です。

医師としてだけでなく、有難いことにメディアなどでお仕事をさせていただく機会が増えてきました。
第一印象がすごく良かったり、この方、なんて素敵なんだろうと思う方に出会うことが多くなってきて、私自身もすごく刺激を受けています。

私自身も、美容皮膚科医として気を付けていることがあります。
「シミ、シワ、たるみがあっても、お肌に潤いと艶があること」
どの年代も、女性を楽しむ上で、潤いや艶っぽさって欠かせない要素の一つだと思っています。

そのため、肌の潤いに関してこだわりが強く、潤いの持続力のために、院長を務める美容皮膚科のクリニックにて、水光注射を定期的に受けています。

水光注射とは、「自動注入機を使って皮膚に美容成分を入れ込む施術」。
シートパックやイオン導入、エレクトロポレーションと比べると、ダイレクトに皮膚に浅く埋め込むのと、針刺激による血行の促進やコラーゲンの生成にも働きかけて、美肌効果の持続力が増す傾向にあります。

内容成分は目的に応じて選択しています。
「肌が元気ないな~」と感じたら美肌のための栄養成分を外からもしっかりと補給させていくのが効率的。

「ツヤがないな、肌の乾燥が気になる」そんな時は医療の力を借りるのもおすすめです。

尚、日常のメイクでは、水光注射をした肌をベースに、ポイントメイクで「CHANELのボーム エサンシエル」をプラスしています。

「究極のツヤをプラスしてくれる!」とクチコミやSNSなどでも人気のようで、入荷すると即完売のお店もあるようです。購入を検討される場合は、確認されてからお店に伺うことおすすめします。


            「CHANELのボーム エサンシエル」

濡れたような艶を出してくれるスカルプディング(A)と、上品な細かなラメ感のトランスパラン(B)の2色買い。

                   (A)

                   (B)

まぶたや唇、頬など輝かせたいところに。
この艶に誤魔化され、間違ってもスキンケアを省かないよう要注意⚠️

それから、今回私からお伝えしたいことは、お顔以外に、面積の広い髪に関してです。
お肌が綺麗でも、髪がパサパサ、乾燥していることで印象が台無しになることがあります。

髪は、顔の潤い以上に乾燥によって印象に差をつけてしまう場所でもあるので、潤いやツヤをキープするためにお手入れ必須の部位です。

第一印象をアップしたいなら、髪のツヤ・うるおいを与えるケアを今すぐ始めることをおすすめします。

また、おすすめのアイテムなどこちらで紹介していきますね。

関連コラム