インジェクションFACEMAKING

~バランスのとれた立体感を創る~

ベースを整えた肌に「バランスのとれた立体感」が加える上質な治療

こんな方におすすめ

  • 不自然なヒアルロン酸顔になりたくない
  • 妥協しない注入治療がお受けになりたい
  • ご自身のお顔に最も合う注入治療を受けたい方

インジェクションFACEMAKINGとは

レーザー治療など医療の力は偉大ですが、加齢とともに骨や筋肉が萎縮することを完全に止めること出来ません。骨や筋肉の萎縮とともに頬のボリュームが減り、目の下にくぼみができます。さらに皮膚が余り、たるむことで、老けて見える原因となります。そこで、ヒアルロン酸等を使用し、皮膚にボリュームをもたらすことで、若々しい印象を与えることが出来ます。

しかし、単にくぼみに対しヒアルロン酸を充填するだけでは、目元にしわがあるのに、頬だけハリのあるアンバランスなお顔立ちになってしまいます。イークリニック麻布では、お顔全体のバランスを見ながら、まるでメイクをするようにナチュラルにデザインをしていきます。20代と40代では似合うお顔立ちのバランスが異なるように、20代頃の頬のボリュームと比べると物足りないようでも、目元のしわも加味した40代にあった頬のボリュームをデザインすることが最も重要です。インジェクションFACEMAKINGでは、ひとりひとりのお顔立ちや肌の弾力に合わせヒアルロン酸やベビーコラーゲンをカスタマイズいたします。ベースメントFACEMAKINGで肌のベースを整えた方におすすめです。

痛み対策について

イークリニック麻布では、痛みをできるだけ感じさせない患者様に寄り添った医療のご提供を心がけています。

塗るタイプの麻酔の準備がございます

お痛みを少しでも軽減するための、塗るタイプの麻酔のご用意がございます。表面の麻酔を行うことで針を刺入する際の痛みが軽減し、非常にリラックスした状態で治療を行うことができます。

先の丸い針を積極的に使用します

ヒアルロン酸を注入する際に使う針には2種類あり、先が非常に尖った針と先が丸みを帯びた針があります。先が丸みを帯びた針の場合、何度もお顔に指す必要がなく術後の針穴も鋭い針を使用するときに比べて非常に少ないのが特長です。治療の痛みも少ないと言われています。イークリニック麻布では、丸みを帯びた針で治療ができる箇所は積極的に丸みを帯びた針を使用し、痛みの軽減に努めます。

 

オーダーメイド治療

  1. インジェクションFACEMAKING

    ベースを整えた肌に「バランスのとれた立体感」が加える上質な治療

  2. ベースメントFACEMAKING

    良い土台があってこそパーツの美しさが映えるというコンセプトに基づくベース治療

  3. メンテナンスFACEMAKING

    整えたお顔をより永く保つために必要不可欠なサステナブルな治療