麻布十番の美容皮膚科
イーメディカルクリニック麻布

Reservationご予約 お問い合わせ

03-6722-6222
診療時間 9:30〜18:30 休診日:日曜

ご予約は、LINE公式アカウント、メールフォーム、もしくはお電話でお待ちしております。
お問い合わせにつきましては、メールフォームからご連絡ください。
当日のキャンセル等につきましては、お電話でご連絡いただけますようよろしくお願いいたします。

ポテンツァとダーマペンの違いは?効果・値段などを徹底比較

ポテンツァとダーマペンの違いは?効果・値段などを徹底比較

今話題の美容医療「ポテンツァ(POTENZA)」。
毛穴、ニキビ跡、シワ、ニキビ、くすみ、肝斑など、様々なお悩みを改善すると言われているポテンツァですが、気になるのは「ダーマペン」との違いです。
今回は「ポテンツァとダーマペンの違い」について、それぞれの特徴を比較しながら徹底解説いたします。

ポテンツァとダーマペンの治療法

ポテンツァとダーマペンは、一見すると似たような治療に見えますが、何が違うのでしょうか。

ポテンツァの治療法

ポテンツァは、マイクロニードルという微細な針を使用し、皮膚の表面に微細な穴を作ります。同時に、表皮に熱損傷を起こすことなく、真皮層に高周波(RF)の熱を伝え、コラーゲンやエラスチンの生成を促進します。
また、ドラッグデリバリーシステムといって、目的に応じた薬剤を均一導入することのできる専用チップを使用することで、より治療効果を高めます。

ダーマペンの治療法

ダーマペンは、16本の超極細針を高速で振動させながら皮下に挿入し、傷を修復しようとする創傷治癒効果で肌の再生を促す治療です。
皮膚表面に微細な傷をつけることで、体内のコラーゲン生成を促進することが期待できます。

ポテンツァとダーマペンの効果

それぞれの治療の具体的な効果の違いについても、ご紹介していきます。

ポテンツァの効果

ポテンツァは針先からRF(高周波)を照射することで、ニキビ・ニキビ跡のクレーター・毛穴・小じわなど、あらゆる肌悩みの改善が期待できる治療です。また、くすみ・肝斑や赤ら顔などの治療の選択肢としても注目されています。
ポテンツァはチップの種類が非常に豊富で、目的に応じたチップを選び、効果的に治療を行うことができます。また、ドラッグデリバリーシステムでは、それぞれの悩みに合わせ薬剤を選択することで、より効率的に治療することができます。

ダーマペンの効果

ダーマペンは、創傷治癒効果により、シワやハリ、毛穴の開き、ニキビ跡、妊娠線など、様々な肌の症状の改善が期待できます。

ポテンツァとダーマペンの痛み

痛みには個人差がありますが、ポテンツァとダーマペンの一般的な痛みを比較してみましょう。

ポテンツァの痛み

針刺激と高周波の熱が伝わることから、施術中は若干の熱感、治療後は日焼けのようなヒリヒリ感が残る場合があります。
目的や肌状態に合わせて治療のアクティブさは異なりますが、麻酔クリームを使い施術を行うため、針を差す痛みは軽減することできます。
当院では麻酔クリームを部位ごとに除去し、お冷やしするなど、痛みを最小限に抑えながら治療を行っておりますので、痛みに敏感な方でも安心して治療をお受けいただけます。
ご希望の場合には、笑気麻酔もご用意しております。

ダーマペンの痛み

ダーマペンも目的や肌状態に合わせて治療のアクティブさも異なりますが、施術中はチクチクとするような針刺激、治療後は火照り感などを感じる場合があります。当院では麻酔クリームを使うため、痛みを軽減しながら治療をお受けいただけます。

ポテンツァとダーマペンのダウンタイム・副作用

ダウンタイムはどのくらいあるのかは気になるポイント。それぞれのダウンタイムや副作用についてもご紹介します。

ポテンツァのダウンタイム

ポテンツァのダウンタイムは、腫れやむくみ、瘡蓋(かさぶた)、内出血、炎症などが出ることがありますが、おおよそ1週間程度で落ち着きます。肌の状態や治療の強度によっても異なる場合があります。
従来のニキビ跡・毛穴治療の多くは、効果が高いとダウンタイムも長いのが懸念点でしたが、ポテンツァは効果に対してダウンタイムが比較的短いのも利点です。
当院では、赤みが気になる場合には、治療後にも使用できるカバーリングコスメなどもご用意しています。

ダーマペンのダウンタイム

ダーマペンのダウンタイムは、腫れやむくみ、瘡蓋、内出血、炎症などが出ることがありますが、おおよそ1週間程度で落ち着きます。

ポテンツァとダーマペンの治療回数と間隔

ポテンツァとダーマペン。
それぞれどのくらいの回数を治療したらいいのでしょうか?

ポテンツァの治療回数と間隔

ポテンツァの治療間隔は、月に1回をおすすめしています。
回数については、通常3~6回を1クールに肌状態や目的によって回数を提案していますが、ポテンツァはダーマペンの数回分の効果が1度の治療で得られるとも言われています。
クレーター治療に関しては、6回1クールを複数回必要になることが多いです。

ダーマペンの治療回数と間隔

ダーマペンの治療間隔は、月に1回をおすすめしています。
回数については、通常3~6回を1クールに、肌状態や目的によって回数を提案しています。クレーター治療に関しては、6回1クールを複数回必要になることが多いです。

ポテンツァとダーマペンの併用はできる?

同日でのポテンツァとダーマペンの治療はできませんが、併用して治療していくことは可能です。

【まとめ】ポテンツァとダーマペンの違いは?効果・値段などを徹底比較

ポテンツァは効果に対するダウンタイムも比較的短く、コスパの良い治療としても注目されています。
ポテンツァとダーマペンは効果、ダウンタイム、価格などそれぞれの魅力があるため、目的や予算に応じて使い分けていくのも良いでしょう。
カスタマイズ治療を行っているイーメディカルクリニック麻布では、肌状態やライフスタイルに合わせて、治療プランを立てながら治療をしてくことができるので、是非一度ご相談ください。

関連記事

最近の記事

  1. 【ナチュラルリップ!スタッフ体験レポ!】

  2. 医療ハイフのデメリットや副作用は?失敗しないための対策も紹介

  3. 医療ハイフとエステハイフの違いは?エステサロンのハイフが禁止されて…

  4. ハイフをすると将来たるむ?やめた方がいい人とやった方がいい人の特徴…