院長・高橋栄里のご紹介

ご挨拶

悩み始めて10年

10年という数字は、しみ・しわ・たるみなどを悩み始めてから初めて美容クリニックに足を運ぶまでの平均的な期間です。10年もの長い期間、多くの人がご自身の美容的な問題にいつも憂鬱な気持ちになりながら鏡と向き合っていらっしゃいます。鏡に向き合う10年間、多くの方は新しい基礎化粧品に挑戦したり、エステを契約したり、インターネットで飛び交ういろいろな方法を試しています。しかしながら、他の誰でもないあなた自身の持つ肌の本来の機能を医学的にきちんと活用した方法に巡り会える可能性は本当にわずかでしかありません。多くの患者様の治療をする日々の中で「もっと早く出会えればよかった」という言葉を聞くたびに、どうしたらもっと早く足を運ぶ気持ちになっていただくことができたんだろう?どうしたらもっと背中を押すことができたのだろう?と自問自答した結果、どこよりも誰よりも患者様に寄り添ったクリニック作ろうと思い、2019年10月にイークリニック麻布をオープンすることにしました。

寄り添うことを大切に

どうしても最初の一歩の勇気が出ない。昔通ったクリニックのイメージが悪い。など、美容医療から足が遠のいている患者様の多くが共通しておっしゃるのは、わからないことが多すぎるということです。治療の結果はどうなるのか、治療の副作用はないのか、料金はどうなるのか、Noといえない雰囲気なのではないか…イークリニック麻布は、多くの方が抱えるこのような心配事をどうしたら解決できるのかを真摯に考えつくしました。結論は、時間をかけて治療者である医師が寄り添うことです。機械的にシステマティックに治療が行われる慌ただしいクリニックでは決して得られない信頼関係を構築することをイークリニック麻布は最も大切にしています。

略歴・資格

略歴

1999年藤田保健衛生大学卒業後、都内および神奈川の大学病院にて外科系を中心として形成外科、皮膚科、麻酔科、救急救命医療に携わる。その後、美容医療の分野へ。雑誌VERYで読者モデルも務め、コスメ、ファッションなども含めた総合的な美容への知識を活かして都内美容皮膚科クリニックで院長として活躍した。やがて髪も皮膚の一部であること、髪について多くの人から悩みを寄せられたことを機に、毛髪の研究をスタートさせる。

当時は毛髪治療を専門にしているドクターは多くはなく、熱心な研究によりほどなくして大手AGA専門クリニック院長に就任。AGA発毛統括指導医としても活躍した後、毛髪専門院「Dr.e CLINIC」を設立する。Dr.e CLINICは男性専門の薄毛治療院としてのスタートであったが、やがて評判を聞きつけた女性からも相談や診療希望が多く寄せられることに。その要望にこたえる形で設備を一新し、診療規模を拡大。女性向けの毛髪治療も開始する。発毛、育毛治療において数多の症例の治療を行いながら、同時に美容皮膚科クリニックでの診療も並行して務め、そのどちらにおいても高い実績を残す。

2016年より、日本全国に40院以上展開する薄毛治療クリニック「AGAスキンクリニック」「東京ビューティークリニック」の診療顧問に就任。2017年5月、銀座「ロイヤルビューティークリニック」院長に就任。美容治療においては特にその高い技術とセンスによる注入施術に定評があり、美容関係者からの指名も多い。現在、美容医療と発毛医療の両方の分野で院長を経験した総合的な美容のエキスパートとして、日々診療に励んでいる。

 

資格

  • 日本皮膚科学会員 
  • 日本美容皮膚科学会会員
  • 日本抗加齢美容医療学会会員
  • JAAS(日本アンチエイジング外科・美容再生研究会)会員
  • 日本毛髪科学協会認定毛髪診断士
  • 日本臨床抗老化学会認定医
  • 日本臨床医学発毛協会発毛診療医
  • 日本臨床毛髪学会会員
  • アラガン社ボトックスビスタ認定医
  • ジュビダームビスタ認定医
  • 米国ISNF認定サプリメントアドバイザー
  • ウルセラ認定医