麻布十番の美容皮膚科
イーメディカルクリニック麻布

Reservationご予約 お問い合わせ

03-6722-6222
診療時間 9:00〜18:00 休診日:日曜

ご予約は、LINE公式アカウント、メールフォーム、もしくはお電話でお待ちしております。
お問い合わせにつきましては、メールフォームからご連絡ください。
当日のキャンセル等につきましては、お電話でご連絡いただけますようよろしくお願いいたします。

ハイフをすると将来たるむ?やめた方がいい人とやった方がいい人の特徴とは

ハイフをすると将来たるむ?やめた方がいい人とやった方がいい人の特徴とは

たるみ治療として話題のハイフですが、行った後のデメリットや将来への影響などが気になる方も多いのではないでしょうか。
そんな方の不安を解消し、安心・安全にハイフが受けられるよう詳しく解説していきます。

ハイフとは?

ハイフとは、切らないフェイスリフトと呼ばれる次世代型のたるみ治療で、超音波を高密度に集束させてターゲットをピンポイント加熱することで、コラーゲンや線維芽細胞等を新生・活性化するハイフ(高密度焦点式超音波)テクノロジーを搭載した治療機です。
ハイフの超音波エネルギーは、皮膚のSMAS(筋膜)という顔の土台となる部分まで非侵襲で効率よく熱を加えることができます。さらに、SMASよりも上層にあたる皮下組織(脂肪層)や真皮層にも作用させることで、たるみを改善する効果が期待でき、よりお悩みに対してしっかりとアプローチが可能です。
皮膚の表面に傷はつくらず、ダウンタイムもほとんどないため、たるみ治療としてハイフを選ばれる方は非常に多いです。

ハイフをやり続けたら将来どうなる?

3~6ヶ月に1回のペースで受けると効果が持続すると言われているハイフですが、やり続けることで身体に影響はないのか?など、将来への影響や不安を感じている方も多いのではないでしょうか。
そこで、よく耳にするハイフを行うことでの、将来への影響について解説していきます。

将来老ける?

ハイフを行うと、かえって老けた見た目になってしまうことがあります。ハイフはSMAS(筋膜)/皮下組織(脂肪層)/表皮(真皮層)の3つの層へのアプローチが可能ですが、もともと脂肪が少ない部分に対して脂肪層へアプローチをするチップを当ててしまうと、頬がコケることにより老けた印象を与えてしまう可能性があります。
ひとりひとりのお顔の脂肪の付き方やたるみの状態、頬がコケている原因は様々です。そのため、ハイフはお客様ひとりひとりのお顔立ちに合わせて施術を行う必要があります。
お顔の状態は異なるのにも関わらず、どのお客様に対しても同じマニュアル通りの手順でしか施術を行っていないと、ハイフの効果が最大限に出すことができないだけではなく、照射前より老けた印象になってしまう可能性があります。ですから、クリニック選びは慎重に行い、経験豊富な施術者がひとりひとりのお顔の状態に合わせて照射するクリニックを選ぶことをお勧めします。

将来たるむ?

ハイフを受けることで、将来たるみが出るという医学的根拠はありません。
しかし、頻繁にやりすぎたり、元々顔の脂肪が少ない人が誤った照射方法で施術を行うとコケてしまい、老けた印象になることがあります。
たるみの悪化を防ぐためには、信頼できるクリニックでしっかりとカウンセリングを行い、お顔全体のバランスを考え、ひとりひとりに合わせたデザインをしてもらう必要があります。

将来癌になる?

もともとハイフは、アメリカで脳腫瘍の超音波温熱治療として臨床応用されていたのが始まりです。
このようにハイフの歴史は長いですが、発がんリスクは報告されておらず、医学的根拠はありません。

ハイフをやめた方がいい人の特徴

全ての施術にいえることですが、誰でも施術の適応があるわけではありません。
中には、施術を受けることによって、かえって施術前よりも悪くなってしまうケースもありますので、自分に合った施術を選択する必要があります。
次に、ハイフをやめた方がいい方の特徴をご紹介します。

お肌に異常がある方

アレルギーやヘルペス、ケロイドなど皮膚に炎症がある方は、熱エネルギーによって炎症が悪化したり、炎症の跡が残ってしまう色素沈着を起こしてしまう可能性があります。
そのため、炎症の原因を完治させてから施術を受けるようにします。

顔のたるみが強すぎる方

顔のたるみが強すぎる方は、ハイフではなかなか引きあがらない可能性があります。
ハイフは外科手術と違って物理的に皮膚を切り取るわけではないので、引き上げには限界があります。その場合は、糸リフトとの併用をおすすめすることがあります。

金の糸を入れている方

金の糸を入れている方がハイフを行うと、皮下組織内で加熱されてしまい火傷の原因となってしまう可能性があります。また、埋め込み式医療機器を入れている方は、場合によっては施術できない可能性があるため、お申し出いただきます。

日焼けで炎症が起きている方

日焼けをしている肌は内部に熱ダメージによる炎症が起きており、乾燥している状態です。そこへハイフの熱が加わることで皮膚がダメージを受けてしまい、火傷や炎症・色素沈着などを招く恐れがあります。
そのため、旅行のご予定などがある際は前もって教えていただき、日々の日焼けケアをしっかり行い施術を受けるようにしましょう。

20代以下などの若い方

若い方はそもそも、お顔のしわやたるみがほとんどありません。そのため、ハイフでの治療は適応外となることが多いです。
将来のたるみ対策として施術を希望される方もいらっしゃいますが、現時点でたるみ症状が出ていない場合は、施術をしても効果実感は乏しいと考えられます。
お顔の脂肪が気になる方へのリニアハイフは、適応がございますのでご相談ください。

ハイフをやった方がいい人の特徴

では、次にハイフの効果を実感しやすい方についてご紹介します。ハイフがおすすめの方には、一体どのような特徴があるのでしょうか。

フェイスラインのたるみや口元のもたつきが気になる方

フェイスラインのたるみや口元のもたつきが気になり始める30~40代の方は、ハイフによる効果を実感しやすいです。
たるみが気になりマッサージなどを行う方もいらっしゃいますが、自己流のケアは一歩間違えるとお肌に負担を与えてしまい、かえってたるみやしわの原因になることがあるため注意が必要です。

顔の小じわやほうれい線を目立たなくしたい方

ハイフは筋膜層へのアプローチが可能であり、しっかりと引き上げることでしわやほうれい線が目立ちにくくなります。
また、目元や口元などへの照射もでき、コラーゲン生成を促すことで小じわの改善も期待できます。

ダウンタイムを避けたい方

ハイフは皮膚を切らない施術のため、基本的にダウンタイムが短く副作用も軽度です。施術直後は赤みや熱感、痛みなどを感じる方もいらっしゃいますが、数時間で落ち着くことがほとんどです。
ハイフは、お肌の表面を傷つけるような施術ではないため、当日からお化粧が可能です。そのため、施術後の赤み等が気になる場合も、お化粧にて隠していただけます。
ハイフはたるみ治療の中でも、ダウンタイムを避けたい方におすすめできる治療となっております。

メスを使った施術や糸リフトはしたくない方

ハイフ治療には、ダウンタイムがほとんどありません。
リフトアップ効果が期待できる施術には、フェイスリフトや糸リフトなどがありますが、大がかりな手術や大きな変化に抵抗がある方もいると思います。ハイフであれば、比較的お取り組みしやすい施術といえます。

【まとめ】ハイフをすると将来たるむ?やめた方がいい人とやった方がいい人の特徴とは

今回は、ハイフを行い続けることでの疑問点・やめた方がいい人とやった方がいい人の特徴について、ご紹介させていただきました。
当院では、次世代進化型マシン「ウルトラセルZi」を導入しています。
こちらのハイフは、SMAS筋膜層・脂肪層・真皮層へ、皮膚や脂肪の厚さを見ながら1.5㎜~6.0㎜の10段階で調整が可能な最新機器であり、リフトアップ、ボリュームダウン、ボリュームアップと様々なカスタマイズが可能な機器です。また当院では、お顔の状態によって医師が診察によってデザインを決定し、その方に最適な打ち方をご提案し、スタッフ間では技術のアップデートを常に行っているので、ハイフが不安な方も安心してお受け頂くことができます。
イーメディカルクリニック麻布では、できるだけ不安や疑問を解決し、お客様の目指す理想の美のサポートをいたします。たるみ治療を継続的に行い、若々しい印象を維持しましょう。
お肌のお悩みがある方はお気軽にお問い合わせください。

関連記事

最近の記事

  1. 【ナチュラルリップ!スタッフ体験レポ!】

  2. 医療ハイフのデメリットや副作用は?失敗しないための対策も紹介

  3. 医療ハイフとエステハイフの違いは?エステサロンのハイフが禁止されて…

  4. ハイフをすると将来たるむ?やめた方がいい人とやった方がいい人の特徴…